自律神経を整えるためにアラフォー主婦が淡々と大人の塗り絵を掲載していく場。

塗り絵には心の乱れがそのまま表れる、『動物たちのぬり絵ブック』より。

動物たちのぬり絵ブック 鳥 アップ画像
スポンサーリンク

この塗り絵、途中までノリノリで塗っておりました。

が、私生活でいろいろとゴタゴタがありまして、そこで生じた生活の乱れ=心の乱れが塗り絵に如実にあらわれたな、と実感しております。

動物たちのぬり絵ブック 鳥

鳥はノリノリで。 そしてその周囲をグルリと囲む草模様も途中までノリノリで。

が、それが途切れ・・・ふと、再度、塗ろうとしても心がついてこないのを感じました。一応、塗り始めた以上は・・・と義務感覚で塗り終えました。薄いけれど。

でも、心の中では絶えず「違う、いまのわたしが塗りたいのはこれじゃない!」 こんな黄色を使う気分じゃないな、とさっさとやっつけ仕事感覚でやってしまいました・・・反省。

今回のことで感じたこと。

塗り始めたら勢いが必要だなー、と。塗り始めのテンションと感覚を維持することが必要だな、と。そのために心のメンテナンスもしなければ。

違和感を感じると楽しいはずの塗り絵もなんだか苦痛に。

そして、現在、『 イスラム文様とモザイクのぬり絵ブック 』を塗っております。 細かい図柄、そして、無機質で規則的なパターンでひたすら同じ色を塗っていると心が落ち着いてきました。何よりも心がのってきました。笑。

毎日の洋服と同じように、塗り絵も心と体にあわせてコロコロと変えたいと思います。

心の声に聞くの。

「今のあなたが塗りたい塗り絵本はどれ?」

そうやって心のメンテナンスを行っていきたいもの。

→ 動物たちのぬり絵ブック

→ ファーバーカステル 油性色鉛筆 平缶 36色セット TFC-CP/36C