自律神経を整えるためにアラフォー主婦が淡々と大人の塗り絵を掲載していく場。

塗り絵を再開してみた、在原業平と藤原高子

平安王朝絵巻ぬりえ 在原業平
スポンサーリンク

お久しぶりです。

塗り絵を再開してみました。自律神経の安定のために。そして、気分転換のために。

今回は手持ちにある塗り絵本をゆっくりとマイペースに塗り進めていきたいと思います★

さて、今回塗っているのは在原業平と藤原高子姫の逃亡劇ですね。

使った塗り絵本は以下になります。

政敵の娘との許されるぬ恋。

それでも、彼女が欲しかった業平は強引に彼女を背負って逃げます。

「あれは何かしら?」

と業平に問いかける高子姫。

平安の夜、今よりも暗くうっそうとしていた時代。

闇夜に浮かぶ露はさぞ美しかったのでしょう。

結局、高子姫は天皇の元へ入内しますが、若き日のこの思い出を胸に生きたんだろうな~

またぼちぼちと進行状況をのんびりとアップしていきます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です